低炭素
インフラ投資、成長と環境の両輪で アジアの役割大きく HSBCリポート - QUICK (金, 20 7月 2018)
QUICK インフラ投資、成長と環境の両輪で アジアの役割大きく HSBCリポート QUICK まずは太陽光発電や風力発電等の低炭素型の代替エネルギーを利用するなどして、電力の消費あるいは浪費を抑えて排ガスを削減していく必要がある。次に気候変動の影響への対応力をより高めなければならない。 幸いにも、足元では建設セクター、そして再生可能エネルギー ...
>> 続きを読む

低炭素車で共同研究 トヨタ 大学に18台を貸出 (2018年07月05日) - じゃかるた新聞 (木, 05 7月 2018)
じゃかるた新聞 低炭素車で共同研究 トヨタ 大学に18台を貸出 (2018年07月05日) じゃかるた新聞 トヨタ自動車は4日、工業省で開かれた会見で、工業省とインドネシア大、バンドン工科大を含む6大学と低炭素車の普及に向け共同研究を行うと発表した。トヨタは2019年まで18台の乗用車を大学に貸し出し、得たデータを工業省に提供する。 提供するのはプリウス・プラグイン ... トヨタ、ハイブリッド車を貸与時事通信 all 4 news articles »
>> 続きを読む

平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(ZEH化による住宅における低炭素化促進事業)の2次公募を開始 - EICネット (木, 19 7月 2018)
平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(ZEH化による住宅における低炭素化促進事業)の2次公募を開始 EICネット 環境省は、平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化による住宅における低炭素化促進事業)の執行団体である一般社団法人 環境共創イニシアチブが、当該補助金の2次公募を開始すると発表した。 この事業は、 [1]戸建 ...
>> 続きを読む

生まれ変わった「第11回川崎国際環境技術展」と「未来を創る川崎イノベーション展」出展者募集中 - 株式会社MICE研究所 (プレスリリース) (ブログ) (木, 19 7月 2018)
株式会社MICE研究所 (プレスリリース) (ブログ) 生まれ変わった「第11回川崎国際環境技術展」と「未来を創る川崎イノベーション展」出展者募集中 株式会社MICE研究所 (プレスリリース) (ブログ) 環境分野における優れた技術やノウハウを川崎から国内外に広く情報発信し、出展者の皆様の市場開拓や販路拡大につながるビジネスマッチングの場を提供する国際展示会「川崎国際環境技術展」が会場変更を機に生まれ変わる(Reborn)! 初の併催展示会となる「未来を ...
>> 続きを読む

ドローンでCO2濃度調査 名古屋産大、低炭素地域づくりに活用 - 日刊工業新聞 (水, 04 7月 2018)
日刊工業新聞 ドローンでCO2濃度調査 名古屋産大、低炭素地域づくりに活用 日刊工業新聞 名古屋産業大学の伊藤雅一教授の研究グループは、グリーンフロント研究所(愛知県岡崎市)と協力し、飛行ロボット(ドローン)を使った二酸化炭素(CO2)濃度の調査を始... (残り:786文字/本文:866文字). (2018/7/4 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・ ...
>> 続きを読む

温室効果ガス排出量 横浜市、今世紀中にゼロへ - 東京新聞 (木, 19 7月 2018)
温室効果ガス排出量 横浜市、今世紀中にゼロへ 東京新聞 横浜市は、森林などによる吸収量を差し引き、温室効果ガスの排出量を今世紀中に実質ゼロにする地球温暖化対策の計画案をまとめた。太陽光など再生可能エネルギーの発電を増やし、燃料電池車の活用を後押しするなど、具体的な施策を盛り込んだ。「排出量実質ゼロ」を ...
>> 続きを読む

日建経が代表者会議/会員各社、採用で苦戦/働き方改革は取り組み進展 [2018年7月20日2面] - 日刊建設工業新聞社 (金, 20 7月 2018)
日建経が代表者会議/会員各社、採用で苦戦/働き方改革は取り組み進展 [2018年7月20日2面] 日刊建設工業新聞社 日本建設業経営協会(日建経、原眞一会長)は19日、代表者会議を東京都内で開き、経営研究部会と環境部会が17年度の活動報告を行うとともに、今後の取り組みなどを説明した。経営部会の担当者は、会員各社が採用活動に苦慮している現状や、働き方改革を巡る取り組み ...
>> 続きを読む

丸井グループが「RE100」加盟、2030年までに再エネ100%を目指す - ITmedia (木, 19 7月 2018)
ITmedia 丸井グループが「RE100」加盟、2030年までに再エネ100%を目指す ITmedia ... 目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)と関連付けることで、4つの重点テーマを定めている。そのひとつの「エコロジカル・インクルージョン」では、環境負荷の少ない事業を推進し、低炭素社会や循環型社会の実現をめざし、自然や環境との調和を図るエコロジカルな ...
>> 続きを読む

「実効性、社会に発信」/電気事業低炭素協、総会で事業計画を承認 - 電気新聞 (木, 21 6月 2018)
電気新聞 「実効性、社会に発信」/電気事業低炭素協、総会で事業計画を承認 電気新聞 電気事業者43者で構成する電気事業低炭素社会協議会(代表理事=河上豊・関西電力理事・環境室長)は20日、2018年度通常総会を都内で開き、17年度事業報告をはじめ、18年度事業計画などの各議案を承認した。18年度事業計画には、同協議会のホームページを活用 ...
>> 続きを読む

インドネシアにおける二国間クレジット制度(JCM)のプロジェクトが3件登録されました - 経済産業省 (プレスリリース) (金, 13 7月 2018)
日経テクノロジーオンライン インドネシアにおける二国間クレジット制度(JCM)のプロジェクトが3件登録されました 経済産業省 (プレスリリース) 政府は、優れた低炭素技術・製品の途上国への普及等を積極的に推進して、世界規模での地球温暖化対策を進めていくため、途上国との間で「二国間クレジット制度(JCM/Joint Crediting Mechanism)」を推進しています。 以下の3つの事業は、JCMプロジェクトとしての登録を ... 日・インドネシア間の二国間クレジット制度におけるクレジット発行Ministry of Foreign Affairs of Japan (プレスリリース) all 5 news articles »
>> 続きを読む

Loading
エコメール便オリジナルテープ

CSRレポート請求へ
プライバシ^マーク取得事業者
資料請求
News clip
【JAF愛知】燃費が良くなる運転のコツ「エコドライブ10」を教えます! - 時事通信
>> 続きを読む

9/22-9/23開催のエコな野外フェス"中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018"、第8弾出演アーティストにNothing's Carved In Stone、フルカワユタカら決定 - Skream!
>> 続きを読む

わが社のCSR戦略/キリンホールディングス ホップで新規就農支援 - 日刊工業新聞
>> 続きを読む

全印工連CSR認定制度、スリースター1社とワンスター2社を新規認定 - 印刷ジャーナル
>> 続きを読む

再エネ変動に素早く対応する新型ガスタービン、開発に着手 - スマート ... - ITmedia
>> 続きを読む

2018年度「グリーン物流パートナーシップ」の募集開始 - 通販通信
>> 続きを読む

東邦ガス、野球大会のカーボンオフセット クレジット250トン提供 - 日刊工業新聞
>> 続きを読む

中野サンプラザで寄付金付きランチ 中野区「カーボン・オフセット事業」の一環で - 中野経済新聞
>> 続きを読む