エコメール便でCO2排出減

DMに使われている封筒は、送った後は捨てるだけ。これ、もったいないと思いませんか?

エコメール便は、専用テープと宛名ラベルだけで送る、エコ発想のDMです。
※「エコメール便」は、株式会社オーシーエスの登録商標です。

送ったら捨てられる「封筒=ゴミ」を大幅に削減できるので、森林の保全やCO2削減につながります。
5000通のDMの場合、「エコメール便」ならダンボール10箱の封筒を節約し、たった3ロールのテープで送れます。
また、封筒で発送することが一般化している中で、他社とはひと味違うDMは、お客様にとってもインパクトがあるはず。エコロジーに取り組む姿勢をダイレトにアピールできます。

封筒で中身を隠さないので、何が送られてきたか一目瞭然。テープ・ラベルは手で簡単にはがせるから、開封率がアップします。
それだけでなく、封筒入りで1.2%だったアンケートへの回答率が、エコメール便にした途端6.7%にアップしたという事例もあります。

封筒そのもののコスト削減と封入、封緘代が不要になり、トータル的にコストの削減が可能となります。また、有料冊子を送る企業は、平成12年4月に施行された「容器包装リサイクル法」により、封筒をリサイクルする義務を負い、委託料を支払わなければなりません。しかし、エコメール便は、適用対象外ですので委託料の支払いが不要です。

Loading
エコメール便オリジナルテープ

CSRレポート請求へ
プライバシ^マーク取得事業者
資料請求
News clip
LINEが独自通貨のエコシステムを年内にも稼働予定と発表 - CRYPTO TIMES
>> 続きを読む

和歌山「有田川エコプロジェクト」。年間5000万円の売電収入等、“黒字化”できるエコモデルとは? - HOME'S PRESS(ホームズプレス)
>> 続きを読む

SBSHD/「BUSINESS & CSR REPORT 2018」を発行 - LNEWS
>> 続きを読む

武蔵野銀、「SDGs私募債」開始 - 日本経済新聞
>> 続きを読む

常石造船がばら積み貨物の新型船 NOx排出量削減で環境性能向上 - 山陽新聞
>> 続きを読む

JAL、CO2削減でバイオジェット燃料実用化を推進、米企業に9億円出資 - トラベルボイス(公式)
>> 続きを読む

カーボン・オフセットの先進県「新潟県」 - にいがた経済新聞
>> 続きを読む

阪急電鉄と大阪ガスは「宝塚大劇場カーボン・オフセット公演」を開催し、地球温暖化の防止に貢献します! - PR TIMES (プレスリリース)
>> 続きを読む